娘の小学校卒業式。新型コロナの影響の中なんとか開催されました(*^^*)

 どうも、コロンボです。

 

 今日は娘の小学校の卒業式だ。

 

 天気もいいし、気温も春らしくて、ほんと卒業式日和だ。

 

f:id:coffee-y:20200320154625p:plain

 

 新型コロナウイルスの流行の中、そして学校休校中の中、なんとか開催できたことは本当に良かったと思う。

 

 なんといっても、6年間の最後の日なんだものね、中途半端に終わるのはなんか心残りだったろう。

 

 式は、新型コロナウイルスの感染防止のため、できるだけ簡素に、出席者も限って行われた。

 

 普通なら5年生も出るのだけれど、6年生だけ、来賓もなし、保護者は2人まで。

 

 ま、このご時世だ、できるだけでもOKだろう。

 

 

 でも、そんな中で行われた式だったけど、かえってシンプルで、とてもいい式だったと思う。

 

 

 でも、6年間って、長いようで短かったなぁ・・・

 

 月並みな言い方だけれど、

 

 6年前の入学式の日が、ほんとに昨日のことのように思い出されるんだよね。

 

 そして、式の間には、運動会や音楽会など、いろんな記憶や思い出がよみがえってきましたね。

 

 親でさえそうなんだから、子どもたちにとっては、普段の学校生活のことやら、友達のこと、小さなことから大きなことまで、ほんとにいろんな思い出が頭をよぎっていたんじゃないかと思う。

 

 この小学校に来るのも、今日で最後なんだと思うと、すこし感慨深くなってしまったりした。

 

 

 子どもたちはどんな思いでいるんだろうな。

 

 自分が6年生だったころを思い出すと、案外なんにも考えてなかったように思う。

 

 意外と子どもってそんなもんなのかな。

 

 いろいろ感慨深く思ってしまうのは親の方なんだろうかね。

 

 

 

 6年生。まだまだ子どもだと思っていたけど、こうしてきりっとした顔を見ていると、いつまでも子どもじゃないんだなって思う。

 

  これからみんな、どんなふうに育っていくんだろう。

 

 とても楽しみだ。

 

 彼らを見ていると、ふと感じました。

 

 彼らはこれからなんにでもなれる、「可能性のかたまり」なんだと。

 

 彼ら自身が可能性なんだと。

 

 

 

 卒業式、中止の選択肢もあった中、

 

 子どもたちのためにおこなってっていただいた学校に、そして先生方に感謝です。

 

 

 4月には娘も中学生。

 

 いったいどんな中学生になるんだろうなぁ(なんか信じられない感じです(^^;))

 

 楽しみでもあり、不安でもありますね~

 

 

www.semimarucoffee-y.com

www.semimarucoffee-y.com

www.semimarucoffee-y.com

 

 

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪ ブロトピ:今日の雑談日記