ハッキリとものを言っても、職場の人間関係は悪くならない。

 どうも、コロンボです。

 

 今日の出来事。

 

 色々と考えを巡らして、しょうがなく従うよりも、きっぱりと言った方がいいこともある。今日の職場での部下の女性がそうだった。

 

 上司に対して、おかしいと思うことをハッキリと伝えて、それでその上司も納得して彼女の言うとおりに動いたのだ。

 

 もちろん彼女も、棘のある言い方ではなかったけれど。彼女は物事をしっかり考えて、発言も慎重にする方だ。だから説得力もある。

 

 彼女の言葉で、上司が動き、そして他の人も動いてくれることになった。

 さすがだ!

 

 ぼくなら、「こんなことを言ったら相手にいやな思いをさせてしまうだろうか、とか嫌な顔をされるんじゃないだろうか、とか人間関係も悪くなってしまうかも」と、色々と考えを巡らして、そして不承不承反論せずにいたかもしれない。

 

 でも、これは単に保身にすぎないよな、とも思う。

 

 みんなが動くということは、彼女が正しいことをしたということだし、みんなも納得したということだ。

 

 逆に言えば、彼女が言わなければ、みんな(おかしいと思いながらも)そのままでことは進んでいたかもしれない、ということだ。

 

 もちろん、彼女に対するみんなの信頼もあったからだろうけど。

 

 ぼくが曖昧な態度の時に彼女が発言したので、「よくぞ言ってくれた!」とぼくは(情けなく感じながら)思ったけど、そこはぼくが言わなきゃいかんかったんだよね。

 

 しっかりと考えて、そして言うべきことはハッキリと言うところ、これは彼女の強みだし、見習わなければならないところだ。

 

 

 もちろんそのことで、人間関係が悪くなったりなんかしなかった。むしろ好転したし、彼女の株も上がったと感じたくらいだ。

 

 もちろん彼女だって、頑張って、勇気を振り絞って言ったに違いない。

 

 彼女はぼくの部下だけど、そんな部下がいてくれて、「なんてぼくは恵まれてるんだろう」って思う。そしてまた反面、ぼく自身、もっとしっかりしなければならん、と強く思うのです(^^;)

 

www.semimarucoffee-y.com

 

 

 

www.sanpotacoffee-y.com

www.sanpotacoffee-y.com

www.semimarucoffee-y.com

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪ ブロトピ:今日の雑談日記