年末年始はやっぱり休んでもいいんじゃないかと思うんです。

 どうも、コロンボです。

 

 年末年始、コンビニをはじめ、スーパーや量販店、ファミレスのような飲食店など、いつの日からか、休みなく開業していることが当たり前になってきてましたよね。

 

 でも、本当にそれでいいんだろうかって、ずっと思ってきました。

 

 そりゃ、お店があいてたら便利だし、いいですよ。

 

 でも、最近は少し見直す動きが出てきましたよね。

 

 うん、ぼくはそれでいいと思うんです。

 

(もちろん、病院や警察などどうしても休みにはできない職場もあるし、そういうところで年末も年始も関係なく頑張って働いている方には本当に頭が下がりますし、感謝です)

 

 

 

 なぜなら、今の日本って、便利が何より優先される傾向があると思うんです。

 

 電車の来る時間はこの上なく正確だし、

 お店はいつでも開いてるし、

 携帯電話があればいつでもどこでも連絡がついてしまいます。

 

 

 でも、それが当たり前になってるので、ちょっとでも不便なことに直面した時には、つまらないことに目くじらを立てて、簡単に腹を立ててしまう人が多くなってきていると思うんです。

 

 言い換えれば、優しくない、寛容でない社会になってしまっている。

 

 少しは不便な方が、人間おおらかで、優しくなれるんじゃないでしょうかね。

 

 なので、年末年始は、人も店も町も、やっぱり休んで、毎日おんなじおせち料理を食べる(笑)

 

 それでいいんじゃないでしょうか?


 

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪ ブロトピ:今日の雑談日記